松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS

(著者)Hisao Tanaka  Ikuko Fujihira  Noel Polk  

HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS
判型 A5判並製
ページ 303ページ
価格 2,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0102-6
略号
発売日 2005年10月15日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
解説

21世紀を迎えた今、ますます様々な分野で熱く議論されている「歴史と記憶」をテーマに開催されたフォークナーの来日50周年記念国際シンポジウムを再現。アメリカ、カナダ、フランス、韓国、日本から超豪華執筆陣を迎えた、珠玉の論文集。

目次

Preface HISAO TANAKA
Abbreviations for Texts Cited

I Memory and History
Introduction IKUKO FUJIHIRA
1 History, Memory , and ""Rememoration"": Faulkner's Civil War
Spectrology and Quentin Compson HISAO TANAKA
2 ""The Waste Land"" and Reproduction: The Creation of Flags in the Dust TOSHO KOYAMA
3 Memory and the Past in The Sound and the Fury: Narrative of Loss, Desire, and Death HEE KANG
4 The Uncanny and the Opaque in Faulkner's Histrical Memory MICHAEL ZEITLIN

II Reading History
5 A Historical Readings of Thomas Sutpen's ""Morality"" TAKUYA NIIRO
6 History and Memory in Faulkner's ""Carcassonne"" and ""Black Music"" EIKO OWADA
7 From Darl Bundren to Quentin Compson: Faulkner's Clairvoyant Narrators TAKAKI HIRAISHI
8 Reading Blood and History in Go Down, Moses NOEL POLK

III Collective Memory
9 Funeral Processions in As I Lay Dying and Go Down, Moses TAKAKO TANAKA
10 The French Architect and lieu de memoire: The Circulation of the Memory of French History in ""Evangeline,"" Absalom, Absalom! and Requiem for a Nun NICOLE MOULINOUX
11 The Race for Memory: Raced Property as Monument in Go Down, Moses THADIOUS M. DAVIS
12 The Theater for Forgotten Scenes in Requiem for a Nun IKUKO FUJIHIRA

Afterword Noel Polk
Contributors

Works Cited
Index

掲載情報
著者紹介
  • Hisao Tanaka

    田中久男

    1945年、広島県生まれ。広島大学名誉教授 。広島大学大学院博士課程修了、MA(ヴァージニア大学)、文学博士。専門はアメリカ文学。著書に『ウィリアム・フォークナーの世界──自己増殖のタペストリー』(南雲堂)、『アメリカ文学研究のニューフロンティア』(監修、南雲堂)、『アメリカ文学における階級──格差社会の本質を問う』(監修、英宝社)。

     

  • Ikuko Fujihira

    藤平育子

    1944年生まれ。中央大学元教授。東京教育大学卒業。東京都立大学大学院修士課程修了。著書に『カーニヴァル色のパッチワーク・キルト──トニ・モリスンの文学』(學藝書林、第二回清水博賞受賞)、『フォークナーのアメリカ幻想──『アブサロム、アブサロム!』の真実』(研究社)。訳書にウィリアム・フォークナー『アブサロム、アブサロム!』(岩波文庫)。

  • Noel Polk

    ノエル・ポーク(1943-2012)。

    https://www.mswritersandmusicians.com/mississippi-writers/noel-polk

関連書籍
  • フォークナー 第4号/特集「フォークナーと女性の表象」

  • フォークナー 第5号/特集「フォークナーと大恐慌(時代)」

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • フォークナー 第7号/特集「フォークナーと南部文学」

  • フォークナー 第8号/特集「フォークナーと大衆文化」

  • 文学的アメリカの闘い/多文化主義のポリティクス

  • フォークナー 第2号/特集「フォークナーと同時代人たち」

  • フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

  • フォークナー事典

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

  • フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー

  • フォークナー 第13号/特集 フォークナーとミステリー

  • フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象

  • フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • フォークナー 第20号

  • フォークナー 第21号

  • フォークナーと日本文学

  • フォークナー 第9号/特集「フォークナー・資料・テクスト」