松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会  

フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画
判型 A5版
ページ 214ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0159-0
略号
発売日 2009年5月11

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説
目次

【巻頭エッセイ】
遠い日のフォークナー●原川恭一 
フォークナーとモリスン●大社淑子 
【特集】フォークナーと映画
『スタリオン・ロード』/『野性の棕櫚』第四セクション●志村正雄
モダニズムと映画――フォークナーの場合●林 文代
フォークナーの脚本と宿命の女の創造●杉浦悦子
フォークナーとアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ●大地真介
【特別寄稿】
『黒んぼの男の子みたいな小さな黒いもの』――『サンクチュアリ』と黒い対象●ジョン・N・デュヴォル 訳▶佐々木真理

フォークナー 敗亡の国、ナショナリズムと愛(下)●後藤和彦

【ベストエッセイ】
原子力の恐怖とフォークナー●プリシラ・ウォルド 訳▼藤平育子
【投稿論文】
フォークナーと11人の語り手たち――「ニューオーリンズ」の光とゆらぎ●梅垣昌子
変容する社会と母――『死の床に横たわりて』におけるダールの狂気●荻原真也
「あの夕陽」の自己犠牲的な語り手●田村理香
死のニオイが語ること――『死の床に横たわりて』におけるアディの死臭について●千葉淳平
【推薦論文】
『行け、モーセ』における黒人の自殺とキリスト教の問題●西川和宏
【連載】
フォークナー〈鷹匠〉文学余聞9 平石貴樹君との往復書簡●大橋健三郎
【書評】
●時実早苗 ●余田真也 ●ソーントン不破直子 ●森 有礼●大野 真 ●永尾 悟 ●舌津智之 ●樋渡真理子●中村久男 

新刊案内●田中久男

掲載情報
著者紹介
関連書籍
  • フォークナー 第4号/特集「フォークナーと女性の表象」

  • フォークナー 第5号/特集「フォークナーと大恐慌(時代)」

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • フォークナー 第7号/特集「フォークナーと南部文学」

  • HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS

  • フォークナー 第8号/特集「フォークナーと大衆文化」

  • フォークナー 第2号/特集「フォークナーと同時代人たち」

  • フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

  • フォークナー事典

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー

  • フォークナー 第13号/特集 フォークナーとミステリー

  • フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象

  • フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • 映画・文学・アメリカン

  • フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • フォークナー 第20号

  • フォークナー 第21号

  • フォークナーと日本文学

  • フォークナー 第9号/特集「フォークナー・資料・テクスト」