松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フォークナーと日本文学

(編)諏訪部浩一  日本ウィリアム・フォークナー協会  

フォークナーと日本文学
判型 四六判上製
ページ 448
価格 4,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0262-7
略号
発売日 2019年10月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • 紀伊國屋で購入
解説

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも起こるだろう、すなわち、諸君の廃墟と絶望の中から、世界がその言葉を聞きたいと望むような日本人作家が現れ、日本限りの真実ではなく普遍の真実を語るようになるだろう」──1955年のフォークナーの予言の意味が今ここに顕在化する。

目次

序章 回顧と展望(諏訪部浩一)

第I部
「歴史離れ」の方途──フォークナーと森鷗外(新田啓子)
小説と「フィロソフィー」──フォークナーと徳田秋声(小林久美子)
家・父・伝説──フォークナーと島崎藤村(後藤和彦)
主観共有の誘惑──フォークナーと谷崎潤一郎・今村夏子(阿部公彦)

第II部
アメリカ南部と日本のジレンマ──フォークナーと横溝正史(大地真介)
近代と育ての〈母〉──フォークナーと太宰治(竹内理矢)
歴史の構想と体現──フォークナーと武田泰淳(笹田直人)
軍隊の描き方──フォークナーと大西巨人(金澤 哲)

第III部
自然とジェンダー、性と死──フォークナーと三島由紀夫(クリストファー・リーガー著/重迫和美訳)
森の谷間のヨクナパトーファ──フォークナーと大江健三郎(藤平育子)
雨宿りの名残り──フォークナーと倉橋由美子(花岡 秀)
「切手ほどの土地」──フォークナーと中上健次(田中敬子)
水の匂い、キャディの行方──フォークナーと津島佑子(千石英世)

第IV部

思い出せ、と男は言う──フォークナーと青山真治(中野学而)
サーガという形式──フォークナーと阿部和重(諏訪部浩一)

補遺「故郷の土地」と外なる世界──ウィリアム・フォークナーと日本作家たち(大橋健三郎著/平石貴樹訳)

掲載情報

■『週刊読書人』2020年1月17日に書評が掲載されました

https://dokushojin.com/article.html?i=6501

著者紹介
  • 諏訪部浩一

    1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授。専門はアメリカ文学。上智大学卒業。東京大学大学院修士課程、ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)。著書に『ウィリアム・フォークナーの詩学―─ 一九三〇 ‐ 一九三六』(松柏社、第14回清水博賞受賞)、『『マルタの鷹』講義』(研究社、第66回日本推理作家協会賞受賞)、『ノワール文学講義 ——A Study in Black』(研究社)、『アメリカ小説をさがして』(松柏社)、『カート・ヴォネガット──トラウマの詩学 』〈アメリカ文学との邂逅〉(三修社)、翻訳にウィリアム・フォークナー『八月の光』上下巻(岩波文庫)など。

  • 日本ウィリアム・フォークナー協会

    http://www.faulknerjapan.com/

関連書籍
  • 敗北と文学/アメリカ南部と近代日本

  • 心ここに/エッセイ集

  • 心ここに/文芸批評集

  • 文学を読む

  • フォークナー事典

  • 日常と歴史/アメリカ文学研究と日本文学評論

  • ウィリアム・フォークナーの詩学 1930-1936

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • アメリカ小説をさがして

  • 山の上の物語/庄野潤三の文学