松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会  

フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学
判型 A5判
ページ 164ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0199-6
略号
発売日 2013年5月15日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
解説
目次

巻頭エッセイ
『征服されざる人びと』に描かれる「無定形」の南部 ● 荒このみ

特集 フォークナーと現代文学
電脳以後の南部──ポー、フォークナー、ダニエレブスキー ● 巽 孝之
ウィリアム・フォークナーとジョン・アップダイクに見る「土地の感覚」と「歴史的感覚」 ● 中谷 崇
現代アメリカ小説の「響きと怒り」と「遊戯」──デイヴィッド・フォスター・ウォレスのアポクリファ 『ペイル・キング』を中心に ● 楢崎 寛
ユードーラ・ウェルティの「明るい南部」──現代南部小説としての『楽観主義者の娘』 ● 中 良子

リレー連載 フォークナーと日本文学
思い出せ、と男は言う──フォークナー、青山真治『EUREKA』、母の方言 ● 中野学而
「切手ほどの土地」──中上健次とフォークナー ● 田中敬子

特別エッセイ
一九五〇年代に映画化されたフォークナー ● ジョン・T・マシューズ 大野瀬津子=訳

投稿論文
エステルの「星条旗に関わること」、エステルとフォークナーの「エリー」──エステルの作品がフォークナーに与えた影響に関する一試論 ● 相田洋明
南部の暗い生態学──フォークナーの『行け、モーセ』試論 ● 横溝 仁

書評
●塚田幸光●竹内理矢●大野 真●永尾 悟

ノエル・ポーク教授を偲ぶ ● 花岡 秀
 

掲載情報
著者紹介
関連書籍
  • フォークナー 第4号/特集「フォークナーと女性の表象」

  • フォークナー 第5号/特集「フォークナーと大恐慌(時代)」

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • フォークナー 第7号/特集「フォークナーと南部文学」

  • HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS

  • フォークナー 第8号/特集「フォークナーと大衆文化」

  • フォークナー 第2号/特集「フォークナーと同時代人たち」

  • フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

  • フォークナー事典

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

  • フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー

  • フォークナー 第13号/特集 フォークナーとミステリー

  • フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • フォークナー 第20号

  • フォークナー 第21号

  • フォークナーと日本文学

  • フォークナー 第9号/特集「フォークナー・資料・テクスト」