松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会  

フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象
判型 A5判
ページ 222ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0182-8
略号
発売日 2012年5月10日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説
目次

巻頭エッセイ
不思議な魅力を備えたフォークナー 仁木勝治
ポパイとその癌を解剖する

特集 フォークナーと身体表象
嗅覚の彼岸ー『響きと怒り』における欲望と身体 舌津智之
フォークナーの『操り人形』についてーピエロと影と中国の欠片考 宇沢美子
パーチメント・スキンー『八月の光』物語空間としてのジョーの肌 下條恵子
『エルサレムよ、我もし汝を忘れなば』における身体性の残余 森 有礼

リレー連載 フォークナーと日本文学
武田泰淳とフォークナーー歴史の構想と体現 笹田直人
雨宿りの名残りー倉橋由美子とウィリアム・フォークナー 花岡 秀
サーガという形式ー「ポスト・フォークナー」の作家としての阿部和重 諏訪部浩一

連載
エステルは堕胎したのか? 大地真介×新納卓也

投稿論文
「あいつら、六五年に誰ひとり戻って来んどけばよかったんじゃ」ー「ウォッシュ」、敗戦、近代の声 中野学而
ペンと呼ぶ『響きと怒り』の第四セクションの語り手 島貴香代子
人間的な絆の最後ーキャディの喪失とクエンティンの運命 黄寿 訳 本田良平
「光に縁取られた暗闇」の物語ーフォークナー、マッカーシー、モリソンにおける主人のいない女たち タラス・A・サック/訳 重迫和美

推薦論文
トマス・サトペンの「亡霊」ー歴史から歴史記述へ 森本奈理

書評
大地真介 相田洋明 本田良平 市川紀男 並木信明 牧野有通
 

掲載情報
著者紹介
関連書籍
  • フォークナー 第4号/特集「フォークナーと女性の表象」

  • フォークナー 第5号/特集「フォークナーと大恐慌(時代)」

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • フォークナー 第7号/特集「フォークナーと南部文学」

  • HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS

  • フォークナー 第8号/特集「フォークナーと大衆文化」

  • フォークナー 第2号/特集「フォークナーと同時代人たち」

  • フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

  • フォークナー事典

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

  • フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー

  • フォークナー 第13号/特集 フォークナーとミステリー

  • アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

  • フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • フォークナー 第20号

  • フォークナー 第21号

  • フォークナーと日本文学

  • フォークナー 第9号/特集「フォークナー・資料・テクスト」