松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会  

フォークナー 第12号/特集 ポストモダン・フォークナー
判型 A5版
ページ 186ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0166-8
略号
発売日 2010年5月12日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説
目次

巻頭エッセイ
思い出の人々●橋本日出松
フォークナーのパリ●瀧田佳子

特集 ポストモダン・フォークナー
ナショナリズム、偶有性、女の交換──「アブサロム、アブサロム!」の構造について●三浦玲一
混血の情動--自我と宿命の狭間にて●新田啓子
「モダン」のあとで--『村』におけるフレム・スノープス●諏訪部浩一
フォークナーとミルハウザー──逃げ去る女性と自動人形●田川幸二郎
リアリズム小説という思考とフォークナーの「不謹慎」な語り手たち──「アブサロム、アブサロム!」における近代小説の再演●中谷 崇

新連載
フォークナー・マニア ジョー・クリスマスの〈生まれ故郷〉(ホーム)はどこか?●後藤和彦×新納卓也

ベストエッセイ
「ウィリアム・フォークナー──南部を看破する」第三部抄訳●ジョン・T・マシューズ/訳▼藤平育子

投稿論文
変種の文学──「サンクチュアリ」のメカニズム●大野 真
アイザック・マッキャスリンの不滅の生命のヴィジョンと死への認識●本田良平
「アブサロム、アブサロム!」再考──カナダ人シュリーヴの物語●島貫香代子

推薦論文
「サンクチュアリ」における「法」と共同体●永尾 悟

特別寄稿
「響きと怒り」のベンジー・コンプソンが抱えている障害はおそらく自閉症である(要旨)●パトリック・サムウェイ、S・J+ ジェントリー・シルバー

書評
●山下 昇 ●松岡信哉 ●田中敬子

掲載情報
著者紹介
関連書籍
  • フォークナー 第4号/特集「フォークナーと女性の表象」

  • フォークナー 第5号/特集「フォークナーと大恐慌(時代)」

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • フォークナー 第7号/特集「フォークナーと南部文学」

  • HISTORY AND MEMORY IN FAULKNER'S NOVELS

  • フォークナー 第8号/特集「フォークナーと大衆文化」

  • フォークナー 第2号/特集「フォークナーと同時代人たち」

  • フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

  • フォークナー事典

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

  • フォークナー 第13号/特集 フォークナーとミステリー

  • フォークナー 第14号/特集 フォークナーと身体表象

  • アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

  • フォークナー 第15号/特集 フォークナーと現代文学

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

  • フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • フォークナー 第20号

  • フォークナー 第21号

  • フォークナーと日本文学

  • フォークナー 第9号/特集「フォークナー・資料・テクスト」