松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

ヴァージニアン/〈アメリカ古典大衆小説コレクション4〉

(著者)オーエン・ウィスター   (訳)平石貴樹  

ヴァージニアン/〈アメリカ古典大衆小説コレクション4〉
判型 四六判上製
ページ 762ページ
価格 4,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0033-3
略号
発売日 2007年7月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

主人公はヴァージニア貴族の末裔で、超美男のカウボーイ。牛を追い馬を愛し、女教師との恋に生き、盗賊を縛り首にするうちに、宿敵トランパスとの対立は深まり、ついに昼下がりの決闘へ。ウェスタン小説のジャンルを確立し、ハリウッドに多大な影響を与えた不朽の名作。

目次

第一章 男の登場
第二章 「おれをそんな風に呼びたきゃあ、にっこり笑えよ!」
第三章 スティーヴがおごる
第四章 牧畜地帯のただ中へ
第五章 女主人公の登場
第六章 エミリー
第七章 二冬の雪を越えて
第八章 誠実なる独身女
第九章 新世界に来た女
第十章 気まぐれが芽生えるところ
第十一章 「縁が切れるより先に、あんたはおれを好きになるさ」
第十二章 高等と平等
第十三章 トランプゲームとアメリカ国民――第一幕
第十四章 第二幕の前に
第十五章 トランプゲームとアメリカ国民――第二幕
第十六章 トランプゲームとアメリカ国民――最終幕
第十七章 シピオーの教訓
第十八章 「牧師になりたいと思うかい?」
第十九章 マクブライド博士の「失礼」
第二十章 細かいことにはかまわない判事
第二十一章 罪に汚れて
第二十二章 「ラスラーって何?」
第二十三章 さまざまな論点
第二十四章 寓意の込められた手紙
第二十五章 迷い犬の足取り
第二十六章 バラムとペドロ
第二十七章 スターク家の曾祖母さん
第二十八章 夢から覚めるわけじゃない
第二十九章 ベニントンへの知らせ
第三十章 平原の馬小屋
第三十一章 ハコヤナギの木立ち
第三十二章 幽霊山道
第三十三章 独身女の眠れない夜
第三十四章 「あの子の指にはめるには」
第三十五章 計画的犯行
第三十六章 ダンバートンにて

掲載情報

■『文藝春秋』2003年8月号、BUNSHUN BOOK CLUBで紹介されました

こういう大衆小説の古典が翻訳されることはきわめて珍しいので、ぜひ無事に全巻刊行してほしいが、予告を見ると、この叢書の四巻目には、『ヴァージニアの男』(⇒『ヴァージニアン』に改題して刊行)という書名があがっている。これはおそらく、西部小説の古典的名作、オーウェン・ウィスターの『ヴァージニアン』と思われる。戦後すぐに早川書房から翻訳されたときは抄訳で、私は違う版で読んだものの、出来れば新訳でもう一度読みたいから、愉しみだ。近刊予告には私の知らない書名も並んでいて、これが全部傑作揃いだったら嬉しいよなあと、期待に胸がふくらんでくる。最近ではいちばん愉しみな叢書といっていい。(「●連載 今月買った本18」北上次郎・評論家)

■ 「英語年鑑」2009年版に掲載されました

松柏社の「アメリカ古典大衆小説コレクション」では、2007年度はオーエン・ウィスター『ヴァージニアン』(平石貴樹訳)とヘレン・ハント・ジャクソン『ラモーナ』(金澤淳子・深谷素子訳)が出版された。どちらもアメリカのベストセラーであり、歴史的文書として重要でありながら、日本では訳されてこなかったもの。
(上岡伸雄=学習院大学教授)

■ 「週間読書人」2007年9月28日に掲載されました。

実は幾重にも興味深い小説である。原著出版は一九〇二年の四月。瞬く間にベストセラーとなり、ある資料によれば、八月までの四ヶ月で一〇万部の売り上げを記録し、出版後の八ヶ月間に一四回も版を重ねたという。また別の資料は、最初の二年間で三〇万部を売り、一九二〇年には百万部を越え、六〇年代後半には二百万部に迫る勢いであったと伝えている。一九一四年を皮切りに繰り返し映画化もされ、六二年からは九年にわたって連続ドラマとしてテレビで放映されている。五〇年代末頃までは米国の多くの高校の必須読本にも指定されていたそうである。国民的熱狂とさえ呼べそうな長年の人気の秘密とはなにか。それを考えながら読むのも興味深い。

■ 「SIGHT 2007 autumn vol. 33」に掲載されました。

アメリカのウエスタンはここから始まるって言われる有名な小説です。昔、出版共同社から58年に出たときに僕は読んでいて、それはこの半分も厚さがないんですよ。「何だったんだろう?俺が読んだのは」と愕然としました(笑)。これは書かれたのが1905年だからね。100年前の作品が完訳で出るっていうのはすばらしい。画期的なことですよ。(北上次郎×大森望との書評対談にて)

著者紹介
  • オーエン・ウィスター

    1860‐1938。アメリカの西部小説家。フィラデルフィアの名家の出身。ハーヴァード大学卒。The Virginian(1902)はハードカバーだけでも200万部近くを売り上げ、アメリカ合衆国の出版史上に残る大ベストセラーとなる。1914年以後、数度にわたって映画化され、連続テレビドラマにもなっている。

  • 平石貴樹

    1948年、函館生まれ。作家、東京大学名誉教授。1983年、「虹のカマクーラ」で第七回すばる文学賞受賞。小説に『松谷警部と目黒の雨』『松谷警部と三鷹の雨』『松谷警部と三ノ輪の鏡』(東京創元社)、『潮首岬(しおくびみさき)に郭公(かっこう)の鳴く』『立待岬の鴎が見ていた』(光文社)、『サロメの夢は血の夢』(光文社文庫)、文学研究関連の著書に『アメリカ文学史』『小説における作者のふるまい──フォークナー的方法の研究』(松柏社)、『メランコリック デザイン──フォークナー初期作品の構想』(南雲堂)、翻訳にオーエン・ウィスター『ヴァージニアン』(松柏社)、ウィリアム・フォークナー『響きと怒り』(共訳、岩波文庫)などがある。

関連書籍
  • ベン・ハー/キリストの物語〈アメリカ古典大衆小説コレクション1〉

  • オズのふしぎな魔法使い/〈アメリカ古典大衆小説コレクション2〉

  • ぼろ着のディック/〈アメリカ古典大衆小説コレクション3〉

  • 酒場での十夜

  • 小説における作者のふるまい/フォークナー的方法の研究

  • ジャングル/〈アメリカ古典大衆小説コレクション5〉

  • コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語〈アメリカ古典大衆小説コレクション6〉

  • ラモーナ

  • クローテル/大統領の娘〈アメリカ古典大衆小説コレクション 10〉

  • 女水兵 ルーシー・ブルーアの冒険/〈アメリカ古典大衆小説コレクション12〉

  • アメリカ文学史

  • アメリカ短編ベスト10