松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

ロレンスの短編を読む

(編)D・H・ロレンス研究会  

ロレンスの短編を読む
判型 A5判
ページ 391ページ
価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0229-0
略号
発売日 2016年1月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

これまでロレンスの短編は圧倒的な長編群の陰に隠れがちだったが、80に及ぶその短編には目を見張るような豊穣かつ独自の世界があった。本論集では、これまであまり論じられなかったものも含めて初期、中期、後期からバランスよく作品を取り上げ、各論者独自の角度からロレンス研究に新たな光を投げかける。

目次

序  ロレンス――「素顔」の短編小説家 浅井 雅志

I
「春の亡霊たち」論――メラーズの前身としてのサイスン 山田 晶子
文学批評と公共圏――「牧師の娘たち」を読むリーヴィス 石原 浩澄
労働者階級の肉体に映し出される中産階級の恐怖心と羨望 ――「牧師の娘たち」、「ヘイドリアン」、後期エッセイに見る階級観の変遷と相克 岩井 学

II
「愛情的世界内存在」を求めて――「プロシア士官」論 浅井 雅志
「桜草の道」とオーストラリア――アイデンティティーの揺らぎ 山本 智弘
娘に託された奇跡――「馬仲買の娘」における再生の意味 横山 三鶴

III
氷柱の向こう側――「馬で去った女」の射程 有為楠 泉
馬ではなく、蛇が…… ――「セント・ モア」におけるキー・イメージ 田部井 世志子
「社会的自己」の桎梏から解き放たれて――「太陽」試論 井上 径子
『ヴァージン・アンド・ザ・ジプシー』のイヴェットの持つ共感力 ――『フロス河の水車場』のマギーとの比較から 藤原 知予

あとがき 浅井 雅志

索引

掲載情報
著者紹介
  • D・H・ロレンス研究会
関連書籍
  • D.H.ロレンス:詩と自然

  • 魔術師の遍歴/ジョン・ファウルズを読む

  • D.H.ロレンスの故郷

  • ポスト・モダンのD.H.ロレンス

  • ロマン派の空間

  • G・オーウェル研究/初期作品研究とエッセイ

  • 緑と生命の文学/ワーズワス、ロレンス、ソロー、ジェファーズ

  • D.H.ロレンス批評地図

  • モダンの「おそれ」と「おののき」/近代の宿痾の診断と処方

  • ロレンスへの旅

  • 詩的言語のアスペクツ/ロマン派を超えて

  • 持続するエピファニー/文学に表象されたエロティシズムと霊性

  • 二〇世紀「英国」小説の展開