松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

痕跡と祈り/メルヴィルの小説世界

(著者)橋本安央  

痕跡と祈り/メルヴィルの小説世界
判型 四六判上製
ページ 367ページ
価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0248-1
略号
発売日 2017年11月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

神なき時代における文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。同時代の宗教文化にあって、冒涜的と捉えられたメルヴィルは、海の人であるからこそ、きわめて敬虔な無神論者になるのであった。新訳「ホーソーンと彼の苔」(詳註付)を収録。

目次

第1章 棄子(すてご)の夢 『白鯨』I
第2章 エイハブの涙 『白鯨』II
第3章 父の肖像 『レッドバーン』
第4章 自己という謎 『ピエール』
第5章 狂気の鏡 『詐欺師』
第6章 テクスチュアル・クーデター 『ビリー・バッド』
第7章 永遠の風景 『タイピー』
第8章 道化の祈り 「コケコッコー!」
第9章 幻視のゆくえ 「ピアザ」
第10章 痕跡と文学 「エンカンターダズ」
第11章 死の虚空、痕跡の生 「バートルビー」
翻訳 ホーソーンと彼の苔(ハーマン・メルヴィル)

掲載情報

■『フォーラム』No. 24(日本ナサニエル・ホーソーン協会)に書評が掲載されました

この『痕跡と祈り』の筆者とされる「橋本安央」は、われわれの知る世界の彼ではないかもしれないことに注意しなくてはならない。少なくとも評者は、この書を「橋本安央」の著書として、そして「痕跡」と「祈り」として読んだ。(上原正博・専修大学)

著者紹介
  • 橋本安央

    1967年生まれ、大阪府出身。京都大学文学部卒業後、アデルファイ大学大学院修士課程、東京都立大学大学院修士課程を修了。専門はアメリカ文学。関西学院大学文学部教授。著書に『高橋和巳──棄子の風景』(試論社)、『痕跡と祈り──メルヴィルの小説世界』(松柏社)、訳書にジャメイカ キンケイド『弟よ、愛しき人よ メモワール』(松柏社)。

関連書籍
  • アメリカのロマン派文学と市場社会

  • 弟よ、愛しき人よ メモワール

  • アメリカの嘆き/米文学史の中のピューリタニズム

  • しみじみ読むアメリカ文学/現代文学短編作品集

  • しみじみ読むイギリス・アイルランド文学/現代文学短編作品集

  • アメリカン・ルネサンスの現在形

  • アメリカ文学必須用語辞典

  • アメリカ文学史

  • フォークナー 第16号/特集 フォークナーとメルヴィル

  • アメリカ短編ベスト10

  • フォークナー 第21号