松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

弟よ、愛しき人よ メモワール

(著者)ジャメイカ・キンケイド   (訳)橋本安央  

解説

エイズで弟を失ったことがきっかけに、一度は捨てた故郷アンティーガの家族との、愛と憎しみの日々を追憶する。アメリカで人気沸騰のクレオール作家、ジャメイカ・キンケイドがすべての女性に贈る、せつなくも美しい家族ドキュメンタリー。

目次
掲載情報
著者紹介
  • ジャメイカ・キンケイド

    1949年生まれ。カリブ海東部の小アンティル諸島に位置するアンティグア・バーブーダの首都セントジョンズ生まれ。17歳で渡米。1973年、Elaine Potter Richardson から Jamaica Kincaid に改名。The New Yorker の専属ライター、ハーバード大学のアフリカ系アメリカ人研究の講師を務めた。パトワ語によるポストコロニアル小説の旗手。

  • 橋本安央

    1967年生まれ、大阪府出身。京都大学文学部卒業後、アデルファイ大学大学院修士課程、東京都立大学大学院修士課程を修了。専門はアメリカ文学。関西学院大学文学部教授。著書に『高橋和巳──棄子の風景』(試論社)、『痕跡と祈り──メルヴィルの小説世界』(松柏社)、訳書にジャメイカ キンケイド『弟よ、愛しき人よ メモワール』(松柏社)。

関連書籍
  • しみじみ読むアメリカ文学/現代文学短編作品集

  • しみじみ読むイギリス・アイルランド文学/現代文学短編作品集

  • 世界の英語を映画で学ぶ

  • アメリカ短編ベスト10

  • フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

  • 痕跡と祈り/メルヴィルの小説世界