松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

映画でわかるアメリカ文化入門

(著者)スーザン・K・バートン  奥村みさ  板倉厳一郎  

解説

映画作品からアメリカ文化・社会のさまざまな側面や問題点について学べる一冊。階級、人種といった15の問題意識によって30の題材を選択。専門用語も避け、一般から専門の読者まで幅広く読める文化入門参考書。

目次

アメリカ文化を知るための15のトピック
階級/階層・健康・国民性・ジェンダー/セクシュアリティ・司法制度・銃社会・食文化・宗教・戦争・地域性・テレビ・犯罪・ヒーロー・ファッション・民族/人種

アメリカ文化を知るための30の映画
・『白雪姫』(1937)
・『オズの魔法使い』(1939)
・『風と共に去りぬ』(1939)
・『麗しのサブリナ』(1953)
・『ゴッドファーザー』(1972, 1974, 1990)
・『スターウォーズ』(1977-1983, 1999-2005)
・『グッドモーニング・ベトナム』(1987)
・『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990)
・『JFK』(1991)
・『マルコムX』(1992)
・『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(1993)
・『フィラデルフィア』(1993)
・『ER 緊急救命室』(1994-)
・『デッドマン・ウォーキング』(1995)
・『クルーシブル』(1996)
・『アメリカン・ヒストリーX』(1998)
・『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998-2004)
・『マトリックス』(1999, 2003)
・『エリン・ブロコビッチ』(2000)
・『アイ・アム・サム』(2001)
・『キューティ・ブロンド』(2001, 2003)
・『チョコレート』(2001)
・『パール・ハーバー』(2001)
・『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)
・『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)
・『スパイダーマン』(2002, 2004)
・『モンスター』(2003)
・『アビエイター』(2004)
・『スーパーサイズ・ミー』(2004)
・『レイ』(2004)

アメリカ文化年表
あとがき

掲載情報

■ 英語教育2007年6月号に掲載されました

~『映画でわかるアメリカ文化入門』は映画に反映されたアメリカ文化の 見方を解説している。前半で国民性、司法制度、戦争、犯罪などアメリカに関する15のキーワードをそれぞれ2~5頁で丁寧 に解説し、後半で『白雪姫』(1937)から『レイ』 (2004)までの30本の映画を4~6頁ずつで紹 介している。はじめの頁の右端に先ほどの15のキーワードがあり、その映画に関連するキーワードが濃い色で示されている。(及川賢=埼玉大学准教授)

■ キネマ旬報「2007年4月下旬特別号」に掲載されました

~これは素晴らしい教科書!ハリウッド映画に親しみながら、我々日本人はアメリカのことを驚くほど知らない。知らなくても楽しめるのがグローバル・スタンダード……という思考停止が帝国主義思想の罠であって、もちろん知っておいた方がいいのだ。その点、本書は多民族国家で様々な両義性を内包するアメリカ合衆国の複雑な顔を、基盤から現在まで簡潔&丁寧に整理しており、記述も非常にわかりやすい。しかもそこから、映画の解読の仕方(=応用)へと読者の思考をちゃんとつなげてくれるのだ。(森直人=ライター)

著者紹介
  • スーザン・K・バートン

    1966年、スコットランド生まれ。英国サセックス大学大学院博士課程修了、博士(歴史学)。元名古屋商科大学所属。専門は社会史、オーラル・ヒストリー、比較文化論。
     

  • 奥村みさ

    平島(奥村) みさ 

    東洋大学 社会学部 教授。上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻博士後期課程満退。博士(国際関係論)。研究テーマは文化社会学、国際社会学、比較文化論、映像文化論。著書に『文化資本としてのエスニシティ──シンガポールにおける文化的アイデンティティの模索』(国際書院)、『映画でわかるアメリカ文化入門』(共著、松柏社)、『多民族社会の言語政治学──英語をモノにしたシンガポール人のゆらぐアイデンティティ』(ひつじ書房)。

  • 板倉厳一郎

    関西大学 文学部総合人文学科英米文化専修 教授。京都大学文学部卒業。京都大学修士課程文学研究科文献文化学専攻英語学英米文学専修修了。University of East Anglia修士課程 School of English and American StudiesStudies in Fiction修了。著書に『魔術師の遍歴──ジョン・ファウルズを読む』『大学で読むハリー・ポッター』『映画でわかるイギリス文化入門』『映画でわかるアメリカ文化入門』(上記、すべて松柏社)、訳書に『ウィルキー・コリンズ傑作選 Vol. 2』(共訳、臨川書店)、ジョージ・P・ランドウ『ハイパーテクスト──活字とコンピュータが出会うとき』(共訳、ジャストシステム)。

     

関連書籍
  • 英文学の内なる外部/ポストコロニアリズムと文化の混淆

  • 魔術師の遍歴/ジョン・ファウルズを読む

  • 映画記号論入門

  • 映画でわかるイギリス文化入門

  • ウィンドウ・ショッピング/映画とポストモダン

  • 映画でレポート・卒論ライティング術

  • 大学で読むハリー・ポッター

  • 映画・文学・アメリカン