松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

映画でわかるイギリス文化入門

(著者)板倉厳一郎   (著者)スーザン・K・バートン   (著者)小野原教子  

解説

ロングセラー『映画でわかるアメリカ文化入門』のイギリス版!

音楽、階級、教育、帝国主義、ファッション、文学、ユーモア......知っているようで知らない15のトピックをイギリス映画30作品からあぶり出して徹底的に解説。初心者にもわかりやすい一冊。

目次

イギリス文化を知るための15のトピック
音楽・階級・教育・国民性・ジェンダー・セクシュアリティ・宗教・食・地域性・帝国主義・戦争・犯罪・ファッション・文学・民族・人種・ユーモア・歴史遺産

イギリス文化を知るための30の映画
・『戦場にかける橋』(1957)
・『007』(1962~)
・『アラビアのロレンス』(1962)
・『大脱走』(1963)
・『ハード・デイズ・ナイト』(1964)
・『マイ・フェア・レディ』(1964)
・『モンティ・パイソン』(1969~74)
・『小さな恋のメロディ』(1971)
・『アナザー・カントリー』(1984)
・『インドへの道』(1984)
・『マイ・ビューティフル・ランドレット』(1985)
・『眺めのいい部屋』(1986)
・『コックと泥棒、その妻と愛人』(1989)
・『フォー・ウェディング』(1994)
・『トレインスポッティング』(1996)
・『秘密と嘘』(1996)
・『マイケル・コリンズ』(1996)
・『恋におちたシェイクスピア』(1998)
・『リトル・ダンサー』(2000)
・『ゴスフォード・パーク』(2001)
・『ハリー・ポッター』(2001~)
・『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001, 2004)
・『ロード・オブ・ザ・リング』(2001~2003)
・『ベッカムに恋して』(2002)
・『ネバーランド』(2004)
・『オリバー・ツイスト』(2005)
・『プライドと偏見』(2005)
・『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006)
・『麦の穂をゆらす風』(2006)
・『ミス・ポター』(2007)

イギリス英語ひとくちメモ
イギリス文化史年表
あとがき

掲載情報

■ 「キネマ旬報」7月下旬号に掲載されました

本書のメインは、具体的にピックアップされたイギリス映画30本の怒涛の読み解きだ。「映画でわかるイギリス文化」というより、日本人が誤読しがちなイギリス映画を正しく理解するための、深い知識と鋭い批評性が駆使されたテキストがずらずら続き、入門の域を超えて圧倒されるものがあった。「英国伝統映画」のステレオタイプなお国柄の利用、「インドへの道」や「マイケル・コリンズ」の社会認識の欺瞞、何気ない描写に表出されるジェンダーやセクシュアリティの問題など……個人的にも大変勉強になった。なにより素晴らしいのは、三名の筆者がクロスカルチャーを語る越境力を備えていること(最近の若者文化もカバー)。「ロード・オブ・ザ・リング」からオーウェン、カサビアンへとつなげていく芸当など、映画専門家では中々出来そうもない!(森直人)

著者紹介
  • 板倉厳一郎

    関西大学 文学部総合人文学科英米文化専修 教授。京都大学文学部卒業。京都大学修士課程文学研究科文献文化学専攻英語学英米文学専修修了。University of East Anglia修士課程 School of English and American StudiesStudies in Fiction修了。京都大学博士課程文学研究科文献文化学専攻英語学英米文学専修修了。著書に『魔術師の遍歴──ジョン・ファウルズを読む』『大学で読むハリー・ポッター』『映画でわかるイギリス文化入門』『映画でわかるアメリカ文化入門』(上記、すべて松柏社)、訳書に『ウィルキー・コリンズ傑作選 Vol. 2』(共訳、臨川書店)、ジョージ・P・ランドウ『ハイパーテクスト──活字とコンピュータが出会うとき』(共訳、ジャストシステム)。

     

  • スーザン・K・バートン

    1966年、スコットランド生まれ。英国サセックス大学大学院博士課程修了、博士(歴史学)。元名古屋商科大学所属。専門は社会史、オーラル・ヒストリー、比較文化論。
     

  • 小野原教子

    1968年、大阪生まれ。兵庫県立大学国際商経学部准教授。京都大学大学院博士課程修了、博士(人間・環境学)。専門は現代ファッション、イギリス文化。共著書に『映画でわかるイギリス文学入門』。

関連書籍
  • 英文学の内なる外部/ポストコロニアリズムと文化の混淆

  • 魔術師の遍歴/ジョン・ファウルズを読む

  • 映画記号論入門

  • 英米児童文学作品・登場人物事典

  • 映画でわかるアメリカ文化入門

  • ウィンドウ・ショッピング/映画とポストモダン

  • 映画でレポート・卒論ライティング術

  • 映画・文学・アメリカン