松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

フィクションの言語/イギリス小説の言語分析批評

(著者)デイヴィッド・ロッジ   (訳)笹江 修  西谷拓哉  米本弘一  野谷啓二  

フィクションの言語/イギリス小説の言語分析批評
判型 A5判上製
ページ 485ページ
価格 4,000円(税別)
ISBN 978-4-88198-919-7
略号
発売日 1999年10月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

解説

詩の分野に比べ、テクストの「綿密かつ鋭い」読みが、こと小説の分野では未だその域にも近づいていない。そこでまず、現代批評の流れを詳らかにし、そうした現代批評理論を視野に入れながら、19世紀と20世紀の主だったイギリス作家のテクスト分析を実践する。

目次

まえがき
第一部 小説家の媒体と技巧― 小説批評の問題点
第一章
序論
現代批評と文学言語
韻文と散文
F・W・ベイトソン― 観念と論理
クリストファー・コードウェル― 擬似現実の流れ
翻訳の観点からの議論
プルーストとスコット・モンクリーフの比較
翻訳― 詩と散文 
悪文の観点からの議論
現代小説の動向― 一つの脱線
議論の要約
J・M・キャメロン― 語順が大事
言語とフィクションの幻想
F・W・ベイトソンとB・シェイケヴィッチ― 細部描写
第一章の結論
第二章
文体の概念
文体論
文体と現代の言語学
M・リファテール― 科学的文体論
J・ウォーバーグ― 適切な選択
F・R・リーヴィスと小説の倫理的次元
第三章 
結論― 原理
結論― 方法
反復
第二部
序文
第一章 『マンスフィールド・パーク』の語彙
第二章 ファイアとエア― シャーロット・ブロンテの自然の力の戦い 
第三章 『苦難の時代』の修辞法
第四章 テス、自然、ハーディの声
第五章 河畔のストレザー
第六章 『トーノ・バンゲイ』とイングランドの状況
第七章 モダン、現代、そしてエイミスであることの意義
第二版あとがき

訳者あとがき
人名索引

掲載情報
著者紹介
  • デイヴィッド・ロッジ
  • 笹江 修
  • 西谷拓哉

    1961年生まれ。神戸大学大学院 国際文化学研究科 教授。専門分野はアメリカ文学、アメリカ映画。著書に『アメリカ文学における幸福の追求とその行方』(共著、金星堂)、『ホーソーンの文学的遺産──ロマンスと歴史の変貌』(共編著、開文社出版)、『アメリカン・ルネサンス──批評の新生』(共編、開文社出版)など。翻訳に、デイヴィッド・ロッジ『フィクションの言語──イギリス小説の言語分析批評』〈松柏社叢書言語科学の冒険5〉(共訳、松柏社)。

  • 米本弘一

    1953年、岡山県生まれ。元神戸大学大学院国際文化学研究科教授。大阪大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。専門は英文学(主にウォルター・スコット)。著書に『フィクションとしての歴史──ウォルター・スコットの語りの技法』(英宝社)、『英語のデザインを読む』〈阪大英文学会叢書〉(共編、英宝社)。

  • 野谷啓二

    神戸大学大学院 国際文化研究科・・国際文化学部 教授。博士(文学、上智大学)。専門分野はイギリス文学、キリスト教文化。著書に『オックスフォード運動と英文学』(開文社出版)、訳書に、モース ペッカム『悲劇のヴィジョンを超えて── 一九世紀におけるアイデンティティの探求』〈SUPモダン・クラシックス叢書〉(共訳、上智大学出版)。