松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

孤独のキネマ/厳選108本+α

(著者)森田健司  

孤独のキネマ/厳選108本+α
判型 四六判
ページ 264
価格 1,600円(税別)
ISBN 978-4-7754-0273-3
略号
発売日 2021年1月25日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • hontoで購入
解説

『日刊ゲンダイ』好評連載「孤独のキネマ」シリーズ、待望の単行本化。スクリーンは観逃したが、ちょっと気になるアノ作品の見所・勘所を簡潔に切れ味鋭く解き明かす。『日刊ゲンダイ』記者による異色の映画評論。殊の外オモシロイ映画裏話。

目次

まえがき

 

➤あの事件の真相は

「大統領の陰謀」「JFK」「ラストエンペラー」「ワルキューレ」「アルジェの戦い」「ミシシッピー・バーニング」「ミュンヘン」「終戦のエンペラー」「黄金のアデーレ」「大統領の理髪師」「海と毒薬」「帝銀事件 死刑囚」「ヨコハマメリー」「竜馬暗殺」「小林多喜二」「日本の黒い夏 冤[enzai]罪」「流転の王妃」「曽我兄弟 富士の夜襲」

◉その他の名作

➤男と女、哀しき情念

「かくも長き不在」「男と女」「駅 STATION」「HANA -BI」「雨月物語」「雨あがる」「嵐が丘」「赤線地帯」「あなたへ」「羅生門」「砂の女」「雁の寺」「女が階段を上る時」「山桜」「近松物語」「男はつらいよ 寅次郎恋歌」「水のないプール」「眉山」「洲崎パラダイス 赤信号」

◉その他の名作

➤バイオレンス&スペクタクル

「地獄の黙示録」「ランボー」「ゴッドファーザー」「ポセイドン・アドベンチャー」「駅馬車」「ユージュアル・サスペクツ」「羊たちの沈黙」「エグゼクティブデシジョン」「シェーン」「七人の侍」「仁義なき戦い」「八甲田山」「アウトレイジ」「野獣死すべし」「やくざ戦争 日本の首領」

◉その他の名作

➤世の中は不条理だ

「カッコーの巣の上で」「アラバマ物語」「追憶」「I am Sam アイ・アム・サム」「1984」「切腹」「わが青春に悔なし」「誰も知らない」「必死剣 鳥刺し」「それでもボクはやってない」「金環蝕」「血槍富士」「あん」「未完の対局」「少年H」

◉その他の名作

➤青春のほろ苦さ

「ロッキー」「卒業」「ニュー・シネマ・パラダイス」「イージー・ライダー」「草原の輝き」「おもいでの夏」「ラスト・ショー」「スミス都へ行く」「椿三十郎」「阪急電車 片道15分の奇跡」「人情紙風船」「映画女優」「しあわせのかおり」「一粒の麦」

◉その他の名作

➤人間、この愚かな生き物

 「タクシードライバー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「フィールド・オブ・ドリームス」「暗殺の森」「未知への飛行」「ミツバチのささやき」「ロード・オブ・ウォー」「JSA」「母なる証明」「武士道残酷物語」「おくりびと」「笛吹川」「地獄変」「しとやかな獣」

◉その他の名作

➤戦争の悲劇

「プラトーン」「ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実」「ミッドウェイ」「戦場のメリークリスマス」「東京裁判」「戦争と人間 第一部」「トラトラトラ」「陸軍中野学校」「人間の条件」「聯合艦隊司令長官 山本五十六―太平洋戦争70年目の真実―」「蟻の兵隊」「母べえ」「世界大戦争」

◉その他の名作

 

あとがき

 

掲載情報
著者紹介
  • 森田健司

    1958年、大分県生まれ。法政大学経済学部卒業。編集プロダクション、出版社を経て、91年から夕刊紙『日刊ゲンダイ』に記者として勤務。映画コラム「観ずに死ねるか」「孤独の映画」「孤独のキネマ」で旧作を中心に洋画・邦画の紹介記事を執筆。HPは「モリケンの『孤独のキネマ』」(https://kodokunokinema.com)。

関連書籍
  • 『東京物語』と日本人