松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

言語のセンスとナンセンス

(著者)G・P・ベイカー  P・M・S・ハッカー   (訳)峠 敏之  

言語のセンスとナンセンス
判型 A5判上製
ページ 233ページ
価格 3,500円(税別)
ISBN 978-4-88198-941-8
略号
発売日 2000年6月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
解説

言語、文法、意味とは何か。ウィトゲンシュタインの考え方をもとに、言語の学習における規則、「文法」の役割を検討した。批評の大部分が、意味の理論学者と文法学者に向けられているが、頭脳で行われる「計算」を仮定している諸理論にもあてはまる。

目次

序文
概説 新しい哲学者の石
1章 規則:予備的な解明
2章 規則についての神話
3章 理解の生成理論
4章 一周りして

あとがき
索引

掲載情報
著者紹介
  • G・P・ベイカー
  • P・M・S・ハッカー
  • 峠 敏之