松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

英文学者 坪内逍遙

(著者)亀井俊介  

英文学者 坪内逍遙
判型 四六判
ページ 206ページ(予定)
価格 2,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0276-4
略号
発売日 2021年3月1日(予定)

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

解説

人文学の危機が叫ばれる昨今──この状況を打開する方策を探し求める人たちにとって、「融会自在」な学風を打ち立てた坪内逍遙の英文学活動は、学ぶべきところ無限にあるように思えるのだ。まさに「逍遙に還れ」である。

目次

序 章 英文学者坪内逍遙への関心       

第一章 最初の東京大学 

第二章 文学士の翻訳家     

第三章 東京専門学校 

第四章 『小説神髄』 

第五章 「不愉快」から「飛躍」へ 

第六章 文学科と『早稲田文学』 

第七章 没理想論争 

第八章 早稲田の坪内博士 

第九章 早稲田大学英文科 

第一〇章 「逍遙に還れ」 

 

英文学者坪内逍遙年譜 

参考文献 

図版一覧 

索引 

あとがき

掲載情報
著者紹介
  • 亀井俊介

    1932年岐阜県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。文学博士。東京大学名誉教授。専門はアメリカ文学、比較文学。著書に『近代文学におけるホイットマンの運命』(日本学士院賞受賞、研究社出版)、『サーカスが来た──アメリカ大衆文化覚書』(日本エッセイストクラブ賞、日米友好基金賞受賞、平凡社ライブラリー)、『アメリカン・ヒーローの系譜』(大佛次郎賞受賞、研究社出版)、『有島武郎』(和辻哲郎文化賞受賞、ミネルヴァ書房)、『日本近代詩の成立』(日本詩人クラブ詩界賞受賞、南雲堂)など多数。

関連書籍
  • ベン・ハー/キリストの物語〈アメリカ古典大衆小説コレクション1〉

  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • アメリカ/文学史・文化史の展望

  • ラモーナ

  • 英文学者 夏目漱石