松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み

(著者)本田錦一郎  

ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み
判型 四六判上製
ページ 268ページ
価格 2,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0064-7
略号
発売日 2004年6月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

華麗なヨーロッパ文化史を、ジャンルを問わず追い求めていくと、さまざまな文化と出会う。ギリシャ・ローマ、キリスト教はもちろん、さらに遠いケルトも顕著な一例。これら往昔の文化の持続性と現代の文化変貌を、立体的かつリアルに描く一冊。

目次

はじめに
I  ケルト文化について
1. ヨーロッパ基層文化のひとつとして
2. イギリス・ロマン派とケルト
3. アイルランド文学とケルトの遺産
II ヨーロッパにおける文化の主役交代
1. ダンテからシェイクスピアへ
2. イギリス・ルネッサンスの落子たち―形而上派詩人の揺動―
3. 「神々の死」も実相をさぐる
III 世紀末美学の周辺
1. ユイスマンス『さかしま』とその波紋
2. ビアズリーとクリムト
3. 批評家としてのアーサー・シモンズの航跡
IV 二〇世紀の風景
1. エリオットの生涯における三つの選択
2. ダダとシュルレアリスム
3. ジョイスと転成されたケルト文化

主な参考文献
おわりに

掲載情報

■ 「出版ニュース」2004年9月上旬号に掲載されました

~著者は、その全体図を示しながら文化の中心軸が神から人間へ変化してゆく近代から20世紀までのヨーロッパにおける文化の主役交代を描きだす。~同書評より

■ 「週刊読書人」2004年7月16日号に掲載されました

~平易な文体で語り部が語るかのように「学問を野に放とう」と試みている。(中略)西欧文化という大きな主題をこのように巨視的に語られてみて、筆者は考え始める-活字離れの世ではあっても、良書とは、ひとを考えに誘うものだ、と。~同書評より (原孝一郎 氏=成蹊大学教授)

著者紹介
  • 本田錦一郎

    1926年、東京生まれ。北海道大学名誉教授。北海道大学文学部英文学科大学院特別研究生(修士課程)修了。著書に『近代英文学への招待──形而上派からモダニズムへ』(北星堂書店)、『思想史としての文学―─ダンテからベケットへの航跡』(松柏社)。

関連書籍
  • 幻視の地へ/ヨーロッパ文学におけるヴィジョンの諸相

  • 新版 黄色い星/ヨーロッパのユダヤ人迫害1933-1945

  • 現代文学と神の死

  • 思想史としての文学/ダンテからベケットへの航跡

  • 読み解かれる異文化

  • 問い直す異文化理解

  • 学者と反逆者/19世紀アイルランド