松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

(著者)岩田美喜  

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇
判型 四六判
ページ 352ページ
価格 3,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0241-2
略号
発売日 2017年3月30日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイルランド演劇の400 年を通観する壮大な試み。主に長子相続制との関連性で語られてきたこのトポスが実は演劇史上重大な意味を持つことが明らかとなる。

目次

はじめに 
序章 「創世記」における兄弟の表象 
1 「誰があなたの息子になるのでしょう?」──中世後期のキリスト教劇における兄弟と相続 
2 『ゴーボダック』における弁論と宿命 
3 『お気に召すまま』における「もしも」の効用
4 学者の兄が学ぶべきこと 
5 兄を死なせた運命星に感謝せよ──名誉革命期の喜劇におけるアイルランドをめぐる兄弟像の多様化(一) 
6 兄を死なせた運命星に感謝せよ──名誉革命期の喜劇におけるアイルランドをめぐる兄弟像の多様化(二) 
7 チャールズを探せ──『悪口学校』と『若気の至り』における兄弟像のゆらぎ 
8 兄弟をめぐる真空の結節点としての『バートラム』
9 ブーシコーとワイルドの戯曲における、兄弟の終焉の向こう側
おわりに
引用文献・索引

掲載情報

■ 「週刊読書人」2017年7月21日に掲載されました

初期近代イングランドでは兄弟が社会システムの一部、ゆえに精神的な紐帯とは無縁だったとか。(中略)論述がオープンで風通しがよいのもいい。──阿部公彦 英米文学・文芸評論

■「日本18世紀学会年報」2019年6月に大西洋一氏による書評が掲載されました

■「英米文學」78号(立教大学文学部英米文学専修)2018年に書評が掲載されました

兄弟は自分では選べず、嫌でも付き合わざるを得ない、仲間にも敵にもなり得る「スリリングな人間関係」(322)であるからこそ、文学の題材として面白い。兄弟の物語は、聖書だけでなくあらゆる神話や民話、そして文学作品に描かれてきた。色褪せることのない、普遍的な人間関係の物語だということが、本書を読むと改めて実感される。しかし兄弟 とは、人がこの世に生まれて最初に経験する「社会」でもある。そして芝居は、 詩歌や小説、エッセイなどに比して、より大衆社会に密着した文学ジャンルといえる。とすれば、〈演劇〉における〈兄弟喧嘩〉の主題は、それぞれの作品の背後の社会と時代を逆照射するのに、実に有効な題材であり、切り口ということになろう。本書は鮮やかな手腕でイギリス演劇の四百年間にわたる「兄弟喧嘩」という主題の変奏を、時代背景の変遷とともに描きあげることに成功しているのだ。──牧野美季

著者紹介
  • 岩田美喜

    1973年生まれ。立教大学文学部教授。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。専門はイギリス・アイルランドの初期近代~近代の演劇。シェイクスピアを中心としたイングランド系劇作家と、ジョージ・ファーカーやR・B・シェリダンら18世紀アイルランド系劇作家。著書に『ライオンとハムレット──W・B・イェイツ演劇作品の研究』『兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇』(松柏社)、『イギリス文学と映画』(共編著、三修社)、翻訳に『しみじみ読むイギリス・アイルランド文学──現代文学短編作品集』(分担訳・解説、松柏社)、ジョージ・スタイナー『むずかしさについて』(共訳、みすず書房)。

関連書籍
  • ゴルディオスの絆/結婚のディスコースとイギリス・ルネサンス演劇

  • ライオンとハムレット/W・B・イェイツ演劇作品の研究

  • ハードウィック館のベス/シェイクスピア時代のある女性像

  • しみじみ読むアメリカ文学/現代文学短編作品集

  • しみじみ読むイギリス・アイルランド文学/現代文学短編作品集

  • 日本人登場/西洋劇場で演じられた江戸の見世物

  • イギリス王政復古演劇案内

  • 一九世紀「英国」小説の展開

  • ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア