松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

階級を再考する/社会編成と文学批評の横断

(編著)マイケル・T・ギルモア  ワイ・C・ディモック   (訳)宮下雅年   (訳)新関芳生   (訳)久保拓也  

階級を再考する/社会編成と文学批評の横断
判型 A5判上製
ページ 391ページ
価格 4,000円(税別)
ISBN 978-4-88198-956-2
略号
発売日 2001年5月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

ディモック、ギルモアら8人のアメリカ文学研究者が階級概念を多角的に検討し、その失われざる活力とそれが切り開く思わぬ地平をまざまざと見せつけながら、文学研究・文化研究に一石を投じる。文学と歴史に橋を架ける探究の過程で、新たな関心が「階級」に注がれている。

目次

はじめに ワイ・チー・ディモック/マイケル・T・ギルモア

第一部 階級を歴史化する
第一章 「階級」の社会的編成― 分類思考の歴史をめざして メアリー・プーヴィ
第二章 階級とジェンダー、そして換喩の歴史 ワイ・チー・ディモック

第二部 階級の文化
第三章 知識人としての文学批評家― 階級分析と人文科学の危機 ジョン・ギロリー 
第四章 地方色文学と上流階級 リチャード・H・ブロドヘッド
第五章 白キッド革の手袋を持つ者と持たざる者― 南北戦争以前のアメリカ労働者階級文化における人種の言語表現 エリック・ロット

第三部 階級と文学分析
第六章 ホーソーンと中産階級の形成
第七章 階級と文学― ロマン主義的チャーティスト運動の場合 アン・ジャノウィッツ
第八章 エリザベス・スチュアート・フェルプス『サイレント・パートナー』における階級のシンクタックス エイミィ・シュレイジャー・ラング

訳者あとがき
索引

掲載情報
著者紹介
  • 宮下雅年

    1950年生まれ。北海道大学名誉教授。主な研究領域はマイノリティ研究。訳書にワイ・チー ディモック/マイケル・T・ギルモア『階級を再考する──社会編成と文学批評の横断』(共訳、松柏社)、マイケル・T・ギルモア『アメリカのロマン派文学と市場社会』(共訳、松柏社)。

  • 新関芳生

    1965年生まれ。関西学院大学 文学部 教授。北海道大学文学研究科英米文学専攻博士課程単位取得満期退学。専門はアメリカ文学、アメリカ医学史。著書に『文学研究は何のため──英米文学試論集』(分担執筆、北海道大学図書刊行会)、訳書にワイ・チー ディモック/マイケル・T・ギルモア『階級を再考する──社会編成と文学批評の横断』(共訳、松柏社)。

  • 久保拓也

    1968年生まれ。金沢大学 人間社会環境研究科 准教授。北海道大学博士課程文学研究科単位取得満期退学。専門は19世紀アメリカ文学。著書に『文学研究は何のため──英米文学試論集』(分担執筆、北海道大学図書刊行会)、訳書にワイ・チー ディモック/マイケル・T・ギルモア『階級を再考する──社会編成と文学批評の横断』(共訳、松柏社)。

関連書籍
  • ハイブリッド・ロマンス/アメリカ文学にみる捕囚と混淆の伝統

  • アメリカのロマン派文学と市場社会

  • アメリカ文化のホログラム

  • Miscellaneous Encounters: Collected Essays on Nathaniel Hawthorne

  • アメリカン・ルネサンスの現在形

  • アメリカ文学史

  • アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

  • 恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

  • 痕跡と祈り/メルヴィルの小説世界

  • 二〇世紀「英国」小説の展開