松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

モダンの近似値/スティーヴンズ・大江・アヴァンギャルド

(著者)阿部公彦  

解説

文学テキストに潜む「退屈」「不機嫌」「単調」といった、否定的なものと見られがちな部分にスポットをあて、実はこうしたものこそが、20世紀の広い文化領域において決定的なモチーフとなったのだと主張。扱うのはT・S・エリオットから夏目漱石まで幅広い。

目次

序 文学の営業

第Ⅰ部 近さ
第1章 「近さ」とモダニズム ウォレス・スティーヴンズの遠近法
第2章 ご機嫌の悪い詩人はお愛想のネットワークを拒絶する アフォリズムとスティーヴンズの「退屈」
第3章 「近さ」の事件 大江健三郎と距離の方法

第Ⅱ部 縦と横
第4章 グリッド=根拠か? 絵画と文学の前線で
第5章 行(ぎょう)の問題 日本現代詩の制度性

第Ⅲ部 折々の営業
第6章 横光と漱石と白鳥の「胃」
第7章 テッド・ヒューズの「呼びかけ」

第Ⅳ部 根本的な問い
第8章 ジェーン・オースティンの小説は本当におもしろいのか、という微妙な問題について
引用文献一覧
あとがき
索引

掲載情報
著者紹介
  • 阿部公彦

    1966年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。東京大学卒業。東京大学大学院修士課程、ケンブリッジ大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。現代英米詩専攻。著書に『モダンの近似値──スティーヴンズ・大江・アヴァンギャルド』『即興文学のつくり方』(松柏社)、『名作をいじる──「らくがき式」で読む最初の1ページ』(立東舎)、『英詩のわかり方』(研究社)、『文学を〈凝視する〉』(サントリー学芸賞受賞、岩波書店)、『幼さという戦略──「かわいい」と成熟の物語作法』(朝日新聞出版)、『史上最悪の英語政策─ウソだらけの「4技能」看板』(ひつじ書房)、東京大学文学部広報委員会編『ことばの危機──大学入試改革・教育政策を問う 』(分担執筆、集英社新書)、訳書に『フランク・オコナー短篇集』(岩波文庫)、ダイナ・フリード『ひと皿の小説案内』(監修・翻訳、マール社)。

関連書籍
  • フォークナー 第6号/特集「フォークナーと短編小説」

  • 即興文学のつくり方

  • しみじみ読むイギリス・アイルランド文学/現代文学短編作品集

  • フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

  • 一九世紀「英国」小説の展開

  • 詩について/アンドルー・マーヴェルから

  • フォークナー 第20号

  • フォークナーと日本文学