松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

絵本が語りかけるもの/ピーターラビットは時空を超えて

(編)三神和子  川端康雄  

絵本が語りかけるもの/ピーターラビットは時空を超えて
判型 四六判上製
ページ 224ページ
価格 2,400円(税別)
ISBN 978-4-7754-0060-9
略号
発売日 2004年5月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

18世紀英国の「チャップブック」からコールディットやクレインら19世紀ヴィクトリア朝の絵本、20世紀では『くまのプーさん』やロベールの『ふたりはともだち』、更に日本の名作『ぐりとぐら』シリーズまで、国内外の名作絵本を取り上げた野心的な論集。

目次

緒言 渡邊利雄
 〈ピーターラビット絵本〉──その読み方 吉田新一
 行商本と絵本の世界 佐藤和哉
 ポター以前の絵本──日本女子大学所蔵の稀覯書より 百々佑利己
 ピーターラビット──青い上着の魅力 坂井妙子
 

ピグリン・ブランドは空を飛ぶか 川端康雄
ピーターラビットとクマのプーさん──ビアトリクス・ポターとA・A・ルミンの描いた子ども 佐藤千佳
アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』の文学性 斉藤美加
カステラを焼いた野ねずみたち──『ぐりとぐら』をめぐって 石井光恵
ビアトリクス・ポターと博物学ブーム 三神和子

図版リスト

掲載情報

■ 英語年鑑2005年版に掲載されました

~「文学作品から文化へ」という方向は、2003年12月に行なわれた日本女子大でのシンポジウム「ピーター・ラビットは時空を超えて─近代絵本の諸相─」(これは三神和子、川端康男編『絵本が語りかけるもの─ピーター・ラビットは時空を超えて』松柏社、として出版された)にも顕著に見られた。「ピーター・ラビット─青い上着の魅力」(坂井妙子)は、衣服を着た動物というキャラクターのあり方から、時代の「懐古趣味や田園回帰趣味」などをたどり、結局作品は「麗しきイギリス」を世界に広めるプロパガンダとして機能したという。ただしこのことを特に否定的にとらえてはいない。~同書 谷本誠剛 氏「児童文学の研究」より

著者紹介
  • 三神和子

    日本女子大学 文学部 教授。研究対象はキャサリン・マンスフィールド、モダニズム、ニュージーランド文学。著書に『オーストラリア・ニュージーランド文学論集』(編著、彩流社)、『キャサリン・マンスフィールド──世紀末、モダニズム、芸術家』(辞游社)、『楽園を求めて──キャサリン・マンスフィールドの研究』(高文堂出版社)など。

  • 川端康雄

    1955年生まれ。日本女子大学 文学部 教授。明治大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。専門はイギリス文学、イギリス文化研究。著書に『ウィリアム・モリスの遺したもの──デザイン・社会主義・手しごと・文学』(岩波書店)、『葉蘭をめぐる冒険』(みすず書房)、『ジョージ・ベストがいた』(平凡社新書)、『ジョージ・オーウェル──「人間らしさ」への讃歌』(岩波新書)、訳書にジョージ・オーウェル『動物農場──おとぎばなし』(岩波文庫)、ウィリアム・モリス『ユートピアだより』(岩波文庫)。

関連書籍
  • イギリス生まれの物語たち

  • オズのふしぎな魔法使い/〈アメリカ古典大衆小説コレクション2〉

  • ぼろ着のディック/〈アメリカ古典大衆小説コレクション3〉

  • ラドヤード・キプリング/作品と批評

  • 英米児童文学作品・登場人物事典

  • 大学で読むハリー・ポッター