松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

漱石とその周辺/100年前のロンドン

(著者)清水一嘉  

漱石とその周辺/100年前のロンドン
判型 四六判上製
ページ 254ページ
価格 2,200円(税別)
ISBN 978-4-7754-0244-3
略号
発売日 2017年10月16日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

発見と出会いの日々、同宿の女子学生と卓球に興じる文豪…滞英中の漱石と、周辺の人と時代を鮮やかに描写。書物に取り憑かれた英文学者が、日本近代文学の黎明期、ロンドンに渡った若き漱石と芸術家たちの足跡、交遊を辿る。さらに出版史の泰斗として知られる著者ならではの古書店巡り、貴重な文献の発見と明らかになる新たな事実。本、文学、絵画愛好家には垂涎のエッセイ。

目次

第1章 漱石あれこれ
 グルーズの絵と漱石
 漱石とスティーヴンソン
 「Dr. Furnivall ニ遇フ」
 漱石のロンドン— ブレット家の七か月
 ブレット家の女中ペン
 ピンポンをする漱石
 漱石とイギリスのことわざ
 漱石、鈴木禎次、「ザ・チェース八一番地」のことなど

第2章 漱石と同時代の人々
 漱石と牧野義雄
 ロンドンの日本人画家— 原撫松のことなど
 ユキオ・タニ— 「日本の柔術使」

第3章 イギリスあれこれ
 酒飲みの国イギリス
 ヴィヴィアン・グリーン
 ある挿絵画家の復権

第4章 オックスフォードその他
 ボドリアン・ライブラリーの昨今
 ジョン・ジョンソン・コレクションのこと
 本の盗難とセキュリティ
 イギリスのブック・フェア

掲載情報

■ 「出版ニュース」2017年12月中旬号に掲載されました

漱石は34歳から36歳までの2ヶ月間(1900~1902)をロンドンで過ごした。本書は留学先の漱石の見聞を通して、漱石が見たイギリス生活と在英日本人をはじめとした芸術家たちとの交流、周辺の人々と時代を描き出す。

著者紹介
  • 清水一嘉

    1938年、神戸市生まれ。東北大学文学部卒業。同大学文学研究科修士課程修了。愛知大学名誉教授。専攻は英文学、英国文化史。

関連書籍
  • 即興文学のつくり方

  • 敗北と文学/アメリカ南部と近代日本

  • モダンの近似値/スティーヴンズ・大江・アヴァンギャルド

  • 英文学者 夏目漱石

  • アントニー・スウェイト対訳詩選集