松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

言説のフィクション/ポストモダンのナラトロジー

(著者)パトリック・オニール   (監訳)遠藤健一  

言説のフィクション/ポストモダンのナラトロジー
判型 A5判上製
ページ 272ページ
価格 3,900円(税別)
ISBN 978-4-88198-954-8
略号
発売日 2001年2月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

フランス構造主義に淵源を有するナラトロジーを脱構築し、その果てに見えてくる物語理論の新たな領野を切り拓いた労作。カフカの「判決」をめぐる英・仏・伊・西ほか8種類の翻訳とドイツ語「原典」が織り成すインターテクスト性の豊穣な意味空間を堪能できる。

目次

謝辞
序論
第1章 理論というゲーム 物語とナラトロジー
第2章 物語の事実とフィクション 物語内容と物語言説
第3章 言説の言説化 腹話術的効果
第4章 複数の原点 焦点化ファクター
第5章 テクストとテクスト性 形成するものと形成されるもの
第6章 テクストが遊ぶゲーム 物語と物語の間を読む
結論
原注
参考文献
監訳者あとがき
オニールの焦点化論の可能性(遠藤 健一)
訳語・原語対照表
人名・作品名索引

掲載情報
著者紹介
  • 遠藤健一

    東北学院大学文学部英文学科教授。専門は近現代イギリス文学・文学理論専攻。翻訳にジェラルド・プリンス 『改訂 物語論辞典』(松柏社叢書・言語科学の冒険4)、パトリック・オニール 『言説のフィクション──ポスト・モダンのナラトロジー』(監訳、松柏社叢書・言語科学の冒険7)、ジェラルド・プリンス『物語論の位相──物語の形成と機能』(松柏社叢書・言語科学の冒険1)がある。

関連書籍
  • 映画記号論入門

  • 物語論の位相/物語の形式と機能

  • 精神分析と物語/【松柏社叢書 言語科学の冒険15】

  • 改訂 物語論辞典