松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

ガストン・ド・ラトゥール

(著者)ウォルター・ペイター   (編者)ジェラルド・モンズマン   (訳)小田原克行  

ガストン・ド・ラトゥール
判型 四六判上製
ページ 571ページ
価格 4,200円(税別)
ISBN 978-4-7754-0162-0
略号
発売日 2009年12月25日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • e-honで購入
解説

ライブラリー版(1896)の形で永年読者を惹きつけてきた本書はその後、新たに発見された冒頭部数章の草稿と第8章から第13章の草稿全てが100年後の1995年に「解禁」出版された。研究者には必須の資料ともなる。

目次

訳者前書
編者序論

第一章 聖職者
第二章 聖母協会
第三章 当世風精神(モダニティー)
第四章 桃の花と葡萄の酒
第五章 判断停止
第六章 事件の陰影
第七章 低次汎神論
第八章 中身のない館
第九章 毒雛菊
第十章 残酷な愛(アンテロス)
第十一章 [暴君]
第十二章 結婚式
第十三章 四旬節第四主日(ミカレーム)

編者引用主要文献
原註
訳者後書

掲載情報
著者紹介
  • ウォルター・ペイター
  • ジェラルド・モンズマン
  • 小田原克行

    元大阪市立大学教授。

関連書籍
  • 学者と反逆者/19世紀アイルランド

  • アントニー・スウェイト対訳詩選集