松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

沈黙の神々2

(著者)佐藤洋二郎  

沈黙の神々2
判型 四六版上製
ページ 228ページ
価格 1,600円(税別)
ISBN 978-4-7754-0153-8
略号
発売日 2008年8月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

「三田文学」連載の単行本化、第二弾。好評の『沈黙の神々』から、作家は次なる神社を求めて歩き続けた。そこに言葉を持たない人々の歴史があり、隠されている「日本」の真の姿が見出すことができるからだ。

目次

入間高麗郷  埼玉・高麗
安産神•下照姫  鳥取・伯耆
不詳一座•伊勢松下社  三重・伊勢
夫姫伝説•対馬和多都美  長崎・対馬
女神が降臨した土地•久高島  沖縄・琉球
哀しみの長門忌宮  山口・長門
熊野を背負う•吉野水分  和歌山・吉野
下町の太宰府•亀戸天神  東京・亀戸
変幻する女•比売大神  大分・国東
笑い合う神々•佐太神社  島根・鹿島
神になった文人•太宰府天満宮  福岡・太宰府
いつか噴き上げる•阿蘇十二神  熊本・阿蘇
高野山を守る•丹生都比売  和歌山・高野山

あとがき
参考文献

掲載情報

 

■「産經新聞」2008年10月26日に掲載されました

高麗神社(埼玉県)、伊勢松下社(三重県)、吉野分水神社(和歌山県)、佐太神社(島根県)、久高島の御獄(沖縄県)など。著者が足を向ける神社は、大社ではない。歴史をかかえてひっそりとたたずむ神社。そこに、明治国家が定めた神社神道以前にさかのぼっての「日本」の姿を見いだそうとする姿勢がよく表れている。 (神崎宣武 民俗学者)

著者紹介
  • 佐藤洋二郎

    1949年、福岡県生まれ。作家・日本大学藝術学部教授。『夏至祭』で第17回野間文芸新人賞、『岬の蛍』で第49回芸術選奨新人賞、『イギリス山』で第5回木山捷平文学賞を受賞。主な作品に『佐藤洋二郎小説選集1・2』(論創社)、『未完成の友情』『坂物語』(講談社)、『神名火』『妻籠め』(小学館)、『グッバイマイラブ』(東京新聞出版局)、『親鸞 既往は咎めず』(松柏社)、『未練』(ワック出版局)など。

関連書籍
  • 沈黙の神々

  • やきにく丼、万歳!/おやじの背中、息子の目線

  • 親鸞/既往は咎めず

  • 一遍上人と遊行の旅

  • 山の上の物語/庄野潤三の文学