松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

オイディプスのいる町/悲劇『オイディプス王』の分析

(著者)山本 淳  

オイディプスのいる町/悲劇『オイディプス王』の分析
判型 四六版上製
ページ 252ページ
価格 2,400円(税別)
ISBN 978-4-7754-0150-7
略号
発売日 2008年5月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

ギリシア悲劇の最高傑作として名高い『オイディプス王』の謎を、分析的方法論を駆使して大胆に読み解く!

目次

解釈へのプロローグ
第1章 予言しない予言者と羊飼いたち
第2章 演技するイオカステ
第3章 ギリシア悲劇の中の民衆
第4章 コーラスについての間奏曲
  シュレーゲル、シラー、ヘーゲル、アリストテレス、ニーチェ
第5章 市民たちのコーラス(1) 変貌する市民
第6章 市民たちのコーラス(2) 王を犠牲に供する市民
第7章 オイディプスの啓蒙とその陥穽
第8章 スフィンクスとの戦いとオイディプスの救い

掲載情報
著者紹介
  • 山本 淳

    (やまもと・じゅん)ドイツ、スイスの大学で文学、政治哲学、宗教哲学を学ぶ。ベルリン自由大学宗教学科クラウス・ハインリヒ教授に師事し、Dr. phil. 豊橋技術科学大学名誉教授。著書に『オイディプスのいる町──悲劇『オイディプス王』の分析』(松柏社)など。訳書にゲルハルト・シェーンベルナー編『新版 黄色い星』(共訳、松柏社)、ゲルハルト・シェーンベルナー編『証言『第三帝国』のユダヤ人迫害』(共訳、柏書房)、C.G.ユング著『心霊現象の心理と病理』(共訳、法政大学出版局)など。

関連書籍
  • 新版 黄色い星/ヨーロッパのユダヤ人迫害1933-1945

  • ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み

  • モダニズムと神話/世界観の時代の思想と文学〈言語科学の冒険9〉

  • グラディーヴァ ポンペイ空想物語/精神分析的解釈と表象分析の試み

  • 詩的言語のアスペクツ/ロマン派を超えて