松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

流離(さすらい)

(著者)吉田南舟子  

流離(さすらい)
判型 四六判
ページ 222ページ
価格 2,600円(税別)
ISBN 978-4-7754-0275-7
略号
発売日 2020年12月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • 楽天で購入
解説

元祖パティシエにして実業家・作家・歴史家・タレント・大学教授 等々、食文化を学問にしたマルチ人間吉田菊次郎のもうひとつの顔、俳人・南舟子。波乱万丈の人生模様を描いた書下ろしエッセイ&最新句集。

目次

プロローグ 

第一章 光陰
レクイエム  平成三〇(二〇一八)年
シュウカツ
身に染む言葉 
惜別  平成三〇(二〇一八)年初夏~ 
ありがとう平成&祝・令和 平成三十一・令和元(二〇一九)年
私の好きな場所
甘い物屋でよかった話
改元 平成三十一・令和元(二〇一九)年春~
歓迎すべからざる流行語 令和二(二〇二〇)年
疫病退散! 妖怪アマビエ
痛恨の極み
試練 令和二年春~

第二章 スイート・メモリー
昭和残像
職人の卵たち
実録・パリのお菓子屋事情
パリ祭こぼれ話
ご褒美
お伽の国のショコラトリー
ベル・エポック(Belle Époque:良き時代)

第三章 スイーツコレクション秘話
お菓子の神様のサイン入り貴重本
幻のドイツの名著
ピンポイントの贈り物
ひょっとして掘り出し物?
菓子型に込められた想い
わが国洋菓子界の先駆者より託されし物
甘味業界きってのジャーナリストよりの預かり物
真面目一徹シェフから手渡された人生のバイブル
伝説の料理人より賜った至宝
父・吉田平次郎のチョコレートレポート&チョコラベルコレクション

エピローグ

初出一覧

掲載情報
著者紹介
  • 吉田南舟子

    本名・吉田菊次郎(よしだ・きくじろう)1944年東京生まれ。明治大学商学部を卒業後渡欧し、フランス、スイスで製菓修業。その間数々の国際賞を受賞。帰国後「ブール ミッシュ」を開業(本店・銀座)。現在同社会長。文筆、テレビ、ラジオ、講演などでも活躍。2004年、フランス共和国より農事功労章シュヴァリエ叙勲。厚生労働省より「現代の名工・卓越した技能者」受章。2014年フランス料理アカデミー・フランス本部会員に推挙される。1995年『寒雷』入会。日本ペンクラブ、日本文藝家協会、現代俳句協会、俳誌『暖饗』各会員。主な著書に『お菓子な歳時記』『句集・父の後ろ姿・十七文字の達人たちと』(時事通信社)、『句集・左見右見』『句集・水脈』『西洋菓子彷徨始末』『西洋菓子・世界のあゆみ』『西洋菓子・日本のあゆみ』(朝文社)、『デパートB1物語』(平凡社)、『お菓子を彩る偉人列伝』(ビジネス教育出版)、『洋菓子百科事典』(白水社)他多数。