松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

花咲く大和言葉の森へ/日本語の新起源論から新釈万葉集へ

(著者)近藤健二  

花咲く大和言葉の森へ/日本語の新起源論から新釈万葉集へ
判型 A5判
ページ 224
価格 2,000円(税別)
ISBN 978-4-7754-0266-5
略号
発売日 2020年10月15日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • hontoで購入
解説

本書は、近藤健二著『弥生言語革命』(https://www.shohakusha.com/book_detail/731)をベースにしながら日本語の起源を説くとともに、古代中国語をテコにして、語義不詳とされる枕詞の謎解きを試み、万葉集の難訓の解読に挑戦し、さらには新しい日本語の礎を築いた渡来系弥生人の出自の問題を論じる。従来の研究に新風を吹き込む画期的な書として、日本語の起源や日本人の出自、また万葉集の新解釈に興味ある方すべてにお薦めしたい好著。

目次

第1章 世界の言語はつながっている
第2章 日本語は古代中国語に似ている
第3章 日本語の礎は渡来人が築いた
第4章 枕詞の謎々を解く
第5章 万葉集の難訓を訓む
第6章 渡来系弥生人のふるさと

掲載情報
著者紹介
  • 近藤健二

    1943年、愛知県生まれ。1971年、名古屋大学大学院文学研究科博士課程中途退学。名古屋大学名誉教授(学術博士)。1971年から2016年まで、九州大学、名古屋大学、中部大学に勤務。専門は歴史言語学、言語類型学。著書に『言語類型の起源と系譜』『花咲く大和言葉の森へ──日本語の新起源論から新釈万葉集へ』『弥生言語革命』(すべて松柏社)など。

関連書籍
  • 言語類型の起源と系譜

  • 弥生言語革命