松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

一丁目一番地の謎

(著者)平石貴樹  

一丁目一番地の謎
判型 四六判
ページ 204ページ
価格 2,200円(税別)
ISBN 978-4-7754-0259-7
略号
発売日 2019年7月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

1980年代から現在までに書かれた──アメリカの詩と小説、野球批評、処女、推理小説、文学研究界批判、絵本、同級生、関西人vs北海道人、等々──幅広いテーマの文章が楽しめる著者初のエッセイ集。推理作家・アメリカ文学者による極上のユーモア満載の一冊。柴田元幸氏、若島正氏推薦。

目次

「アナベル・リイ」に事よせて/私、幼稚園の味方です/読むものとしての野球/伊豆のむこうの海/アメリカへの笑顔/本格推理小説の本格的な読み方は、〈キャスター〉を吸う人には教えられない/推理小説の〈謎の謎〉『学園あそび』における処女/『ルンルンを買っておうちに帰ろう』における処女/『八月の光』フォークナー全集9/『りん太のももいろ日記』における処女/『めぞん一刻』における処女/『ダッチマン』を20年ぶりに読んだ/東尾修の内角球は西武沿線的「管理」社会をシュートする/ナサニエル・ホーソーン『緋文字』/ある小説家の墓のこと/クリエイティヴ・ライティングのこと/おれはジェイソン・コンプソン/時の流れという悲劇の中で/ジョン・アーヴィングの『ガープの世界』/フィリップ・ロスの『ポートノイの不満』/北海道はどこにある/ 二つの思い出/型やぶりでいこう!/ぼくたちがすることを何故するのかなんて、だれにも分かりはしない/O先生への手紙/二〇世紀前半アメリカ小説管見/文学研究の効用/「誤植」という贅沢/アメリカ文学研究の現在/アメリカの鱒釣り/アメリカ小説の登場人物たち/谷崎潤一郎『細雪』/次元の違う納得/一丁目一番地の謎/中井貫太のこと 

掲載情報
著者紹介
  • 平石貴樹

    1948年、函館生まれ。作家、東京大学名誉教授。1983年、「虹のカマクーラ」で第七回すばる文学賞受賞。小説に『松谷警部と目黒の雨』『松谷警部と三鷹の雨』『松谷警部と三ノ輪の鏡』(東京創元社)、『潮首岬(しおくびみさき)に郭公(かっこう)の鳴く』『立待岬の鴎が見ていた』(光文社)、『サロメの夢は血の夢』(光文社文庫)、文学研究関連の著書に『アメリカ文学史』『小説における作者のふるまい──フォークナー的方法の研究』(松柏社)、『メランコリック デザイン──フォークナー初期作品の構想』(南雲堂)、翻訳にオーエン・ウィスター『ヴァージニアン』(松柏社)、ウィリアム・フォークナー『響きと怒り』(共訳、岩波文庫)などがある。

関連書籍
  • 小説における作者のふるまい/フォークナー的方法の研究

  • アメリカ/文学史・文化史の展望

  • ヴァージニアン/〈アメリカ古典大衆小説コレクション4〉

  • しみじみ読むアメリカ文学/現代文学短編作品集

  • しみじみ読むイギリス・アイルランド文学/現代文学短編作品集

  • アメリカ文学史

  • アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

  • アメリカ短編ベスト10