単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

フォークナーと日本文学

(編)諏訪部浩一/日本ウィリアム・フォークナー協会

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも起こるだろう、すなわち、諸君の廃墟と絶望の中から、世界がその言葉を聞きたいと望むような日本人作家が現れ、日本限りの真実ではなく普遍の真実を語るようになるだろう」──1955年のフォークナーの予言の意味が今ここに顕在化する。

四六判上製

448

5280円(税込)

978-4-7754-0262-7

2019年10月20日

   
    目次
    序章 回顧と展望(諏訪部浩一)

    第I部
    「歴史離れ」の方途──フォークナーと森鷗外(新田啓子)
    小説と「フィロソフィー」──フォークナーと徳田秋声(小林久美子)
    家・父・伝説──フォークナーと島崎藤村(後藤和彦)
    主観共有の誘惑──フォークナーと谷崎潤一郎・今村夏子(阿部公彦)

    第II部
    アメリカ南部と日本のジレンマ──フォークナーと横溝正史(大地真介)
    近代と育ての〈母〉──フォークナーと太宰治(竹内理矢)
    歴史の構想と体現──フォークナーと武田泰淳(笹田直人)
    軍隊の描き方──フォークナーと大西巨人(金澤 哲)

    第III部
    自然とジェンダー、性と死──フォークナーと三島由紀夫(クリストファー・リーガー著/重迫和美訳)
    森の谷間のヨクナパトーファ──フォークナーと大江健三郎(藤平育子)
    雨宿りの名残り──フォークナーと倉橋由美子(花岡 秀)
    「切手ほどの土地」──フォークナーと中上健次(田中敬子)
    水の匂い、キャディの行方──フォークナーと津島佑子(千石英世)

    第IV部
    思い出せ、と男は言う──フォークナーと青山真治(中野学而)
    サーガという形式──フォークナーと阿部和重(諏訪部浩一)

    補遺「故郷の土地」と外なる世界──ウィリアム・フォークナーと日本作家たち(大橋健三郎著/平石貴樹訳)

前の画面へ戻る