単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
文学・人文学全般・社会

新刊単行本案内

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

読みくらべ世界民話考/庶民の豊かな想像力と集合的認識を読み取る

日常の喜びや嘆きや感動や願望のさまざまな経験から、ごく自然に涌きだした物語。民話を優れた・・・

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜

日本人はますます保守化しているのではないか。今の若者たちを「洗脳」する日本文化・・・

少しだけ「政治」を考えよう!/若者が変える社会

本書は若者たちに「政治参加」を声高に呼びかけるものではない。ふと立ち止まって・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

これだけは知っておきたい!外国人相談の基礎知識

(監修)杉澤経子/関 聡介/阿部 裕

外国人相談に関わってきた弁護士、行政書士、社会保険労務士、精神科医、臨床心理士、研究者など各分野の専門家が、豊富な経験に基づきわかりやすく解説。在住外国人と交流するすべての人に必要なノウハウを網羅。外国人相談の担い手の専門性とは何か、外国人相談の企画・運営はどのように行ったらいいのか、実践的な知識と知恵が全て詰まった一冊。

A5判

252

2484円(税込)

978-4-7754-0219-1

2015年6月15日

   
    第1部 外国人相談の全体像

    第2部 分野別基礎知識――問題解決に向けて
    1章 分野別背景理解と対応する専門家
    1 法律   
    2 くらし(仕事・福祉・教育)
    3 こころの医療

    2章 公的な専門機関
    1 法律 
    2 くらし(仕事・福祉・教育)
    3 こころの医療

    第3部 これだけは知っておきたい50の専門用語
    (在留資格、裁判離婚、母語支援、異文化ストレス…)

前の画面へ戻る