単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

D.H.ロレンス書簡集 宗1919-1920

第一次世界大戦が終結した翌年、暗雲に閉じ込められたまま、荒廃した・・・

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

人間になるための芸術と技術

(著者)小野俊太郎

人文学をヒューマニティーズ=人間になるための学問という観点から捉え、デジタル化の時代における新たな変革の可能性を探る。

四六版

283

2090円(税込)

978-4-7754-0164-4

2009年12月15日発売

   

■ 「電通報」2010年5月17日に掲載されました

ネット社会が普及した中で、時代遅れになったと思われている人文学のパラダイムを転換して、内容を前向きにシフトする提案が本書でなされている。(中略)時間と空間を行き来する著者の博識に説得力があり、新たな知の方向が垣間見える。

■ 「週刊読書人」2010年3月26日に掲載されました

本書でも言及されていることだが、かつて自由に空を飛ぶというイメージが、魔女のような「悪」と結びつけられていた時代もあった。人文学は何と言っても「動」よりは「静」に、つまり定点観測を旨とすることでしぶとく自己保存を果たしてきたのである。「動」にむけての解放が一段落した後、「静」への揺り戻しが起きたときにどんな答えを示せるか、そこに人文学の命運がかかっているとも言えるかもしれない。
(阿部公彦 東京大学)

■ 「正論」2010年2月号に掲載されました

いまや大学進学率が平然と五〇%を超えるこの新世紀ニッポンの「人文系」を何の因果か現場で生きざるを得ないめぐりあわせになってしまった知性の現在の心境とある種の覚悟とが、よくも悪くも透けて見える。そこにどのように、どの程度共感するか、できるかが、この本を本当に必要とする読者か否かを切り分けるのだろう。
(大月隆寛 札幌国際大学)

■ 「下野新聞」2010年2月12日、「四国新聞」2010年2月16日に掲載されました

「社会におけるミドルの役割をもっと重視すべきではないか」。文芸評論家小野俊太郎さんの「人間になるための芸術と技術」(松柏社)に、こんな言葉があった。
「勝ち組」「負け組」。そんな二分法が横行していて、まるで「中間」が存在しないかのような風潮。だが今、日本に必要なのは人間を二分する思考法ではなく、中間的な人たちの創出、重視ではないかという意見だ。

■ 「朝日新聞」2010年1月31日に掲載されました

テクストを改めてじっくり読み直す営みを通じて、その新しい意味を見いだしてゆくこと。『人間になるための芸術と技術』では、そうした過去と現在とを横断する想像力を、人文学が培ってきたのだと指摘している。それは、小説と美術と映画といったような、異質な分野の間に通底する発想を読みとったり、不確かな現実のなかから将来像を描きだしたりする思考力とも、つながってくる。
(苅部直 東京大学)

■ 「週刊金曜日」2010年2月5日に掲載されました

この本は平易な言葉であらゆる人にとって、なぜ人文学が重要であり、それを学ぶことでどのような人間になりうるかを今の政治状況や文化の実状に即して大胆に提起する。まさに「人間になるための」アートである。
(本橋哲也 東京経済大学)

■ 「図書新聞」2010年3月6日に掲載されました

(前略)すなわち本書は、人文学について人文学している人文書なのである。このような仕掛けは、狭義の専門書と人文書とを分かつ要衝に位置するものであり、その仕掛けに囚われつつも読み解いてゆく時間の豊饒さは、人文書以外にはけっして提供することのかなわない性質のものであるだろう。
(長谷川 一 明治学院大学)

前の画面へ戻る