単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
雑誌

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 雑誌 > フォークナー > 詳細情報

フォークナー 第10号/特集 フォークナーとエスニシティ

編)日本W・フォークナー協会

特集 フォークナーとエスニシティ  特集◎大和田英子/吉田廸子/ 富山太佳夫/早瀬博範  巻頭エッセイ◎丹羽隆昭/堀内正規  ベスト・エッセイ◎バーバラ・ラッド  特別寄稿◎後藤和彦  投稿論文◎塚田幸光/山本裕子/宮内妃奈  推薦論文◎鈴木章能  連載<第8回>◎大橋健三郎  『フォークナー事典』書評特集◎井川真砂/上岡克己/津田正/平塚博子/別府惠子/森岡裕一/渡辺利雄/井上謙治  書評◎寺門泰彦/長谷川嘉男/依藤道夫/阿部公彦/花岡秀/重迫和美

A5判

184

1944円(税込)

978-4-7754-0145-3

2008年5月16日発売

   
    目次:
    巻頭エッセイ
    埃とクルマ――「乾燥の九月」における静と動 ● 丹羽隆昭
    「How do I live on such a field?/こんなもののために生まれたんじゃない」 ● 堀内正規

    特集 フォークナーとエスニシティ
    『蚊』とエスニシティ ●大和田英子
    タータンとブルース――フォークナーの世界における支配と浸透 ●吉田廸子
    人種は何とつながるか――『自動車泥棒』他 ●富山太佳夫
    フォークナーのインディアン表象 ●早瀬博範

    ベストエッセイ
    『歴史に抵抗する――ウィリアム・フォークナー、ゾラ・ニール・ハーストン、ユードーラ・ウェルティにおけるジェンダーとモダニティと著者の問題』序文 ●バーバラ・ラッド訳
    ▼藤平育子

    特別寄稿
    フォークナー 敗亡の国、ナショナリズムと愛(上)●後藤和彦

    投稿論文
    フォークナー、戦争に行く――『ド・ゴール物語』の「政治学」 ●塚田幸光

    テクスト パリンプセスト トランスクリプト
    ――『死の床に横たわりて』におけるアディ・バンドレンのコーパス ●山本裕子

    「響き」(サウンド)に「怒り」(フューリー)を込めて――『響きと怒り』におけるクエンティンの言葉について ●宮内妃奈

    推薦論文
    ウイリアム・フォークナーの小説構造の原点を巡って――「ライラック」の人称代名詞と語りの構造を中心に ●鈴木章能

    連載
    フォークナー〈鷹匠〉文学余聞8 わが国における新研究 ●大橋健三郎

    『フォークナー事典』書評特集
    ●井川真砂 ●上岡克己 ●津田 正 ●平塚博子 ●別府惠子  ●森岡裕一 ●渡辺利雄 ●井上謙治

    書評
    ●寺門泰彦 ●長谷川嘉男 ●依藤道夫 ●阿部公彦 ●花岡 秀 ●重迫和美

    投稿(寄稿)の書式について
    投稿規定
    編集後記・フォークナー協会からのお知らせ

前の画面へ戻る