単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
雑誌

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 雑誌 > フォークナー > 詳細情報

フォークナー 第3号/特集「フォークナーとゴシック」

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会

特集 フォークナーとゴシック  特集◎伊藤詔子/若島 正/宮川 雅/平石貴樹/ドナルド・M・カーティゲイナー /牧野有通/マイケル・ザイトリン  エッセイ◎富山太佳夫/青山 南  連載<第1回>◎大橋健三郎  森岡 隆/本村浩二/イレーネ・ヴィサー/時実早苗/今岡直美/林 文代/安達秀夫  163頁/本体1,500円●2001年刊

A5判

163

1620円(税込)

4-88198-959-6

2001年初版発行

   
    エッセイ
    見えすいた戦争 富山 太佳夫
    あのぶどうみたいなやつ幻想 青山 南
    特集 フォークナーとゴシック
    ポー、フォークナー、ゴシックアメリカ 伊藤 詔子
    フォークナーとラテン・アメリカの作家たち 若島 正
    フォークナーとゴシック的空間(時間そして言語)意識について 宮川 雅
    「幽閉」と確執の力学― 『アブサロム、アブサロム!』第五章のゴシック 平石 貴樹
    身振りとしてのモダニズム― フォークナーのおける事実の欠落 ドナルド・M・カーティゲイナー/田中 敬子=訳
    貧乏白人と「靴」― 『アブサロム、アブサロム!』の原風景 牧野 有通
    『死の床に横たわりて』の内面と奥行き マイケル・ザイトリン/大地 真介=訳
    『大森林』における「エレミアの嘆き」 森岡 隆
    名誉と尊厳― 『行け、モーセ』における家父長的物語の枠組みと黒人の抵抗 本村 浩二
    真の作家の謝意とは― アンダソンのパロディストとしてのフォークナーとヘミングウェイ イレーネ・ヴィサー/若林 麻紀子=訳
    連載 フォークナー〈鷹匠〉文学余聞(第一回)フォークナーの芸術― 「若きダンディ」像をめぐって 大橋 健三郎
    書評 時実 早苗/今岡 直美/林 文代/並木 信明/安達 秀夫
    近刊から きわめてトウェイン的な2冊 平石 貴樹
    フォークナーの主要作品・略号一覧表
    投稿規定
    編集後記・フォークナー協会からのお知らせ

前の画面へ戻る