単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
文学・人文学全般・社会

新刊単行本案内

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 文学・人文学全般・社会 > 言語学/英語学 > 詳細情報

Individuation in Numeral Classifier Languages

(著者)水口 志乃扶

日本語でものを数える場合にはなぜ、「一本」や「二枚」といった類別詞を使わねばならないのか。数え数字について規則的な言語と何が違うのか。この問題を名詞の指示という観点から徹底的に論じる。基本でありながら難解な英語における<数>を理解できる。

A5判

220

4104円(税込)

4-7754-0058-4

2004年刊

   
    Chapter 1 Introduction
    Chapter 2 Classifier Systems at Issue
    Chapter 3 Japanese Numeral Classifier System
    Chapter 4 Individuation by Classifiers
    Chapter 5 Individuation by Plurals
    Chapter 6 Individuating Functions in Japanese and Other Numeral
    Chapter 7 Conclusion

前の画面へ戻る