単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
文学・人文学全般・社会

新刊単行本案内

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 文学・人文学全般・社会 > 言語学/英語学 > 詳細情報

認知と相互行為の社会言語学/ディスコース・ストラテジー

(著者)ジョン・ガンパーズ

(訳)井上 逸兵/出原 健一/花崎 美紀/荒木 瑞夫/多々良 直弘

韻律、コードスィッチング、定式表現など、あるコミュニティ固有の談話のストラテジーがいかにそのメンバー同士の理解に寄与し、またマクロ的な言語変化といかに関わるかを明らかにした。相互行為の社会言語学のパイオニア的重要基本文献の待望の邦訳。
[品切れ中です]

A5判上製

360

3564円(税込)

4-7754-0055-X

2004年刊

    日本語版への序文
    序文
    表記法について

    第1章 序説
    第2章 対人コミュニケーションの社会言語学
    第3章 社会のネットワークと言語変化
    第4章 会話内のコードスイッチング
    第5章 会話の韻律
    第6章 コンテクスト化の慣習
    第7章 会話の推論における社会・文化的知識
    第8章 異民族間のコミュニケーション
    第9章 政治レトリックの民族的スタイル
    第10章 終章

    訳注
    参考文献
    英日対照表
    著者インデックス
    主題インデックス
    訳者あとがき

■ 「週刊読書人」2004年7月30日号に掲載されました。

〜いま、この本が相互行為を研究する者にとって、避けて通れない仕事であることは確かだ。日本語で読めることになったのは、とくに教育に関わる者として、とてもうれしい。〜同書評より (西阪 仰 氏=明治学院大学教員)

前の画面へ戻る